胃腸を予防するポイント

辛いものや塩分の多いものは胃壁を傷つけます。
胃や腸にやさしい、薄味の野菜や魚類、食物繊維を多く食べる習慣をつけましょう。

適度な運動は全身の血流を良くし胃液の分泌も良くします。通勤などの一日1時間程度のウォーキングがおすすめです。

胃腸の病気だけでなく、十分な睡眠時間はとても重要です。 睡眠不足は神経のバランスを崩し、胃腸の働きに悪影響がでます。

タバコは肺や気管だけでなく、血流の悪化により胃炎や胃潰瘍の原因にもなります。また、お酒は適度であれば胃の働きを良くしますが、飲みすぎると胃に負担がかかります。
適度なお酒の量(目安)
ビール 中瓶1本500ml、日本酒 1合180ml、ウイスキー・ブランデーダブル60ml



「痔」知っていますか

「胃腸」知っていますか