病気の種類と症状

生活習慣の変化やストレスなど・・・急増している胃腸の病気をチェック

近年急増している大腸ポリープ、大腸ガン、潰瘍性大腸炎などの大腸疾患や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの消化器系疾患等、当てはまる症状があったら、早めに検査を受けましょう。

ポリープは胃や大腸の粘膜がいぼ状に盛り上がったものです。
通常のいぼと異なる点は、放っておくとガンになるものもあるという事です!


病気の種類

主な症状

大腸ポリープ

早期の段階では自覚症状がないため、年1回の便の潜血反応で大腸がん予防になります。
※病気が進行すると血便が出る

大腸がん

便が細い、腹部の不快感、血便、下痢、便秘、貧血

逆流性食道炎(GERD)

腹痛、胸やけ、しゃっくり
※自覚症状がなく、検査で見つかることも多い

胃がん

食欲不振、悪心、体重減少、胃の不快感、便が黒い

胃・十二指腸潰瘍

食事痛、嘔吐、悪心、胸やけ、食欲不振

胃炎

腹痛 胸やけ

腸閉塞

・閉塞上部…腹部に圧迫を感じる、嘔吐
・閉塞下部…ガスや便が出なくなる

虫垂炎

腹痛、悪心、発熱、嘔吐

「痔」知っていますか

「胃腸」知っていますか