痔を予防する8つのポイント

まず清潔にする事が一番なので、お風呂は痔の予防法としてたいへん効果があります。また、お風呂に入る事により血管が広がり血行が良くなります。

お尻を清潔にしないと、かゆみや痛みが生じます。排便のあとはウォシュレット等で洗うか、水で濡らしたティッシュで拭き、できるだけきれいにしましょう。

便秘は便が太く固くなる事により、排便時に強くいきみ肛門を傷つける事があります。
下痢は肛門を刺激し不潔になり、細菌感染につながることもあります。

排便時は、一度に出しきろうとせずに長い時間いきまないようにしましょう。力仕事やスポーツなどで肛門に負担がかかる事は避けましょう。

お尻や腰を冷やすと肛門の血行が悪くなるのでよくありません。

長時間のドライブで座りっぱなしや、立ち仕事で立ちっぱなしは肛門にうっ血をきたします。体を動かして血行をよくしましょう。

からし、わさび、アルコール類は肛門を刺激するため、控えめにしましょう。

何事も早期発見です。そのためには専門医による適正な検査が不可欠です。 病気の早期治療が明るい生活を取り戻します。

「痔」知っていますか

「胃腸」知っていますか