種類と症状

痔主はなんと4人に1人!

日本の成人男女1万人を対象とした大学病院の調査によると、約75%の人が過去、現在において痔の経験があると答えました。

痔の種類は大きく分けて痔核(いぼじ)
裂肛(きれじ)
痔瘻(じろう)
の3種類があります。


痔の種類

症状

痔核(いぼじ)

立ちっぱなしや座りっぱなしの生活などから肛門部の血行障害によってできる痔で、内痔核と外痔核がありま す。内痔核は最初のうちは排便時の出血のみで痛みはありませんが、病状が進むとイボが肛門の外に出て炎症等による痛みを生じる場合があります。大半の痔主 はこの内痔核で悩んでいます。外痔核は、いきみ等から生じる肛門皮下の静脈の血栓(血の固まり)や血腫(血が溜まってできたもの)で強い痛みを感じるよう になります。また、血栓性の静脈炎を併発すると激痛を感じるようになります。

裂肛(きれじ)

排便時に少量の出血と痛みがあり、排便後も強い痛みが続くことがあります。この痛みの為に排を押さえるよ うになり、便秘になります。いずれは便秘による太く固い便を出すことになるので、また切れたりして悪循環となります。放置すると肛門狭窄となり細い便しか 出なくなります。

痔瘻(じろう)

痔瘻は常にうみの混じった分泌液が出たり肛門の周りに湿疹や皮膚炎ができてかゆみや、不快感を感じるようになります。また、進行すると肛門の周りが腫れて激痛が続き高熱を伴う場合があります。残念ですが手術するしか治す方法はありません。

「痔」知っていますか

「胃腸」知っていますか